うららか日和

美しい自然とつながり 心やわらかに感じたままを大切に

日々の癒し

わたしの今癒しとなっているものを

紹介したいと思います。

 

それは化粧品です!

オーガニック化粧品LAKSHMIを

新しく使い始めたのですが

とにかくすご〜く癒され

毎日心の安らぎとなっています。

 

化粧品で身も心も癒されるなんて

思ってもみなかったことですが

顔につけるだけなのに

全身がゆるゆる〜っとゆるまるし

全細胞が歓んでいる感じもします。

 

リラックスするというより

脱力する感じで

すごく気持ちいいんです。

 

わたしが最初に使った時の

感覚は!?というと

雄大な自然の美しくて

素晴らしい景色を

目の当たりにした時の感動と

同じような感覚で

目の前にその景色がブワーッと

広がる感じがしました。

 

うまく表現できているか

分かりませんが

化粧品をつけるたびに

自然の中に入っているように

感じてしまいます。

 

じんわりと気持ちよくて

最高に幸せな気分を味わえます。

 

 



トラブルがあったり

うまくいかない時も多々ありますが

心乱れる時には

この癒される感覚を思い出し

リラックスするようにしています。

 

早く化粧品をつけて癒されたい〜って

思っちゃいますね^^

 

そしてこの化粧品のおかげで

わたしは癒される術を持てたというか

 

それによってネガティブから

抜け出して落ち着いたり

幸せな気持ちを思い出したりして

意識を変えたり

 

そういうものを持っていると

安心の中に入っていけるんだなって

体感しています。

 

心や身体を癒したり

歓ばせたりすることって

とっても大切なことですね。

 

 

 

この商品に巡り逢えて

本当にうれしいし

毎回ウフフな気分になり

幸せをいただいています。

 

深いところまで癒されているような

気がしています。

 

日々の癒しに感謝、感謝です♡

 

 

 

自分で作ってみたくなりました

久しぶりに私

新たな趣味を見つけました。

 

どんな趣味なのかというと

『手芸』です✨

 

趣味を見つけたというよりも

思い出したという方が

しっくりくる感じです。

 

そうなんですよね〜

手芸好きだったんです〜。

 

小学生の頃、編み物や縫い物

刺繍、ビーズなどなど

手芸全般好きでクッション作ったり

人形を作ったり

マフラー編んだり

好きだったなあって

思い出したんですよね。

 

そしたらやりたくなっちゃって

手芸用品店に行ったら

いろんな布地や手芸用品

見てるだけでウキウキしちゃって

あれ作ったら可愛いだろうな〜😍

とか妄想しまくって

すっごく楽しかったしトキメキました💖

 

手芸を楽しんでる子どもの頃の気持ちを

また感じてみたいなと思い

お手軽にはじめられる

かぎ針編みをまたやってみようと思い

毛糸とかぎ針を買って帰り

 

くさり編みとか長編みを

YouTube見ながら

思い出し練習しました。

 

もう何十年と編み物やっていないけど

結構編めるものですね。

めっちゃ編んでたよな〜って

懐かしい気持ちにもなりました。

 

本当に編んでいると時間を忘れて

のめり込んでしまうくらいで

やっぱり楽しいです♬

 

 

小学生の頃はマフラーを編んで

そのマフラーをして学校に

通っていたりしていたし

久しぶりの編み物も楽しすぎるので

練習も重ねつつ

またマフラーやブランケットなどを

編んでみたいなと思っています。

 

初心者レベルですが

できあがった作品はどこかで

紹介などもしていけたら良いなと

考え中です。

 

そしていずれは自分の使うものを

手芸で自分で好きなように

作っていけたら最高だし

すっごく楽しいだろうなと

ニヤニヤ妄想しているところです😁

 

今年は去年よりも自分の時間が

増えるので手芸でものづくりを

楽しんでみようと思います💞

 

 

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

 

今年もコツコツとマイペースで

ブログを書いていこうと思います。

 

心地よいを気分を味わいながら

今年は喜びを多めに

感じていきたいですね。

 

何をするかというよりも

感じていく方に重点を

置いてみようと思っています。

 

先月は最後の最後まで

トラブル発生しましたが

嫌なことや最悪に思うことでも

ちゃんと向き合えば

その中に良いことや

気づきがあるから

そのことを学びなさいと

鍛えられている感じです。

 

心がざわついた時には

心穏やかやにすることが

とても大事だなと

実際に感じています。

 

だから今年はもっともっと

自分が心地よくなるよう

五感を活かして感じていきたいし

 

身体や心を喜ばせて

どんな時も快適に

過ごしていきたいなと

思っています。

 

今年もどうぞよろしく

お願いいたします^^

 





星空の癒し

昨日とおとといは

ふたご座流星群を見てみようと思い

夜空を見上げてみました。

 

夜空の星をみるのは久しぶり〜。

 

ここ最近寒くなってきたし

家の中にこもってました。

 

二夜とも外に出た時は

綺麗な星空が広がり

オリオン座を中心に

他の星たちも輝いていました。

 

もちろんふたご座流星群

大きな流れ星もちゃんと

見れましたよ。

 

大きな流れ星を見た時は

思わず「わー✨」って

言ってしまいますね。

 

ひとりで感動しています。

 

夜空からプレゼントを

もらえたみたいで

嬉しくなっちゃいます。

 

いろいろと

考えてしまってることなんか

もうどうでもよくなっちゃう

くらいです。

 

星空ってたくさんの大小の星が

キラキラ輝いていて綺麗ですよね。

わたしは星空大好きです。

 

特にお月様が出ていない時の

満点の星空は最高です。

 

ずっと見ていると心も穏やかになり

幸せな気分にさえなってきます。

 

五感で感じられる自然は

大きくて心地よくて

やっぱりいいものですね。

 

久しぶりの星空や流れ星に

すごく癒されゆったり幸せな

気持ちになりました。

 



母なる存在

今まで私なりにこのブログを

書くことによって

自分と向き合ってきたのですが

盲点だったというか

眼中になかったというか

全く見ていなかったものが

あったのです。

 

それは

『母』

のことです!!

 

ずっとずっと父との関係を

あーだ、こーだと

改善しようとしていたのですが

父のことを丸ごと受け入れられたら

母がひょっこりと顔を

出してきたのです。

 

母を観察してみると

私にとって手強い大きな壁に

感じていた父に

あれこれとあっさり指示したりして

自分の空間を居心地よく

しているではありませんか!

 

さすが『母』です。

 

父は文句言いながら

私に同意を求めてきますが

言われたことはきちんとやっています。

父も母には頭が上がりませんね。

 

母はどうかというと

父の愚痴をさらっと聞き流し

毎日花や野菜を愛でながら

豊かな環境にしてくれています。

 

わたし、ハッ!としました。

 

この父の愚痴や感情を

子どもの頃から敏感に感じ取り

受け取ってきたものが

今までのわたしを形作って

きたのではないかと。。。

 

私にとって父は怖い存在だったので

母のことはお嫁に来て大変だったし

苦労してきたんだろうな

可哀想だなって同情していた節が

あります。

 

そんな風に思っていたので無意識に

母のようにはなりたくないと

思っていたということも

ありえますね。

 

とはいえ

今の母からは悲哀な雰囲気は

全く感じられずとても豊かですし

逆に父の方が可哀想に見えてきました。

 



 

そして2、3ヶ月前に見た夢を

思い出しました。

 

それは暗い夜、導かれながら

がれきの道を歩いていくと

神殿みたいなところに辿り着き

そこには門番がいました。

 

その門番は父で

その後ろの神殿の上には

目に見えない大きな存在の母が

わたしに話しかけてきたのです。

 

わたしが辿り着いた所は

母のいる神聖な場所でした。

 

私が苦しくなったり

うまくいかないのは

父が厳しかったからだとか

自由にさせてくれなかったからだ

とかいって

父を悪者にしていましたが

ただ門番として守っていただけ

だったんですよね。

 

門番の先には母なる神聖な場所が

待っていたということでしょうか。

 

夢に繋がっていくなんて

面白いなって思いました。

 

何だか私は母のように

優雅に豊かになりたくなってきました。

 

これからは母を意識して

心豊かな部分を真似てみようと

思います。

 

 

 

子ばなれ親ばなれ

先日の子どものセッシュの件は

私にとって意識がガラリと変えられる

くらい大きな出来事だったので

そのことについて思うことを

もう少しアウトプットしておこうと

思います。

 

父とのことになってきますが

今や父とは価値観や考え方

視点などは違うものになっていると

感じています。

 

ですがセッシュのことなど

意見は父とは違う全く違うのに

自分の考えや思いを子どもに

押し付けようとしている姿は

私も父と全く同じことをしている

ということに今回気づかされました。

 

まさか自分が同じことを

しているだなんて思ってもいなくて

しかも父のように私はしないと

思っていたので愕然としました。

 

けれども父親も私のことを

大事に思い心配して安全なレールを

しいてくれたのだろうと

深くその思いを感じることが

できたことは良かったと思います。

 

厳しい態度の奥深くにある愛情に

触れたような気がしました。

父なりの愛だったんだなって。

 

そんな風に思っていると

父も私と同じように育てられて

きたのかもしれないと思い

これは家系的に受け継がれて

きているのかもしれないという

思いも出てきました。

 

そして、それは私の代で

もうおしまいにしようと思います。

 

子どもたちには

自由に今のまま伸び伸びと

人生楽しんでもらいたいです。

 



 

 

先日も子どもから言われたんですが

 

子「お母さんが不安に思ってるだけやん」

子「お母さんの思い込みや!」

私「そ、そうやね〜💦」

 

って子どもからパンチをくらいました。

子どもは気がついてますし

私のただの思い込みだということも

ちゃんとわかっていたんですね。

 

だから私は心配して不安に思うのでなく

自分のことも子どものことも

100%信じることに決めました。

 

今までは心の隅でちょっぴり疑って

信じ切れていなかった思いが

やっぱりあったんですね。

 

ですが子どものセッシュの件が

あってからは何があっても

自分の内側に意識を向ければ

大丈夫だという安心感が

生まれたような気がして

信じ切れていなかった部分も

信じれるようになってきました。

 

そうすると

全てが自分の思い込みやすり込みの

意識で造られていたんだって

よりはっきりとわかってきて

不安や心配も薄らいできました。

 

私はすぐに不安な方を予測して

想像する癖があるので

そこを自分が心地よい方に

安心するように

今は気持ちや意識を

切り替えるようにしています。

 

 

 

子どもたちには大事なことを

いろいろ教えられているように

感じています。

 

今まで自分のことのように

子どものことを思っていましたが

ここからは子離れして

私は子どものためにではなく

自分の喜びのためにこれからを

歩んでいきたいと思います。

 

ようやく子離れ親離れできそうに

なってきました。

 

みんなに感謝しています。

ありがとう。

 



ことばから連想するもの

その後いろいろと考えさせられている中

自然農法の方から学んだ種のはなしが

気になったので見直してみようと思い

ノートを振り返ってみました。

 

すると自然は35億年も前から

共生をしてきているということでした。

 



その時「共生か〜」と

思い巡らせていると

自分も「強制」のことで

揺さぶられていたことを

思い出しました。

 

そして「きょうせい」という

言葉一つでも漢字に書き直すと

それぞれの漢字によって

意味が全然変わってくるなと

その時ふと思いました。

 

だいたい会話や文の前後から

どの漢字を当てはめるかは

勝手に自動的に頭の中に浮かんで

しまいますし

学校でも習ってきましたよね。

 

心揺さぶられた出来事にしても

「きょうせい」と聞いて

ひらがなではなく

すぐに「強制」という漢字が

思い浮かびました。

 

「強制」=怖いイメージが

してしまうし

漢字を見ただけで

想像してしまいませんか?

 

私はすぐにイメージしています。

 

これはもう無意識にだし

思い込まされてるんじゃないかと

思っちゃうくらいです。

 

しかも「強制」からは平和なイメージは

しにくいし。

 

そのことに気づいたので

これから「強制」と思い浮かんだときは

「共生」という字に

自分の頭の中で変換していこうと

思いました。

 

それの方が私の心の中は何だか

穏やかでいられます。

 

他にも日本語には読みは同じでも

感じが違ったりする言葉は

たくさんありますが

 

前後の意味がたとえ合わないとしても

私の頭の中では心地よい漢字(感じ)を

選び思い浮かべることで

心を平和にすることは自由なことだと

思ったわけです。

 

 

 

 

そして、そんな風に思ったことを

書いてみようと思えるようにも

なりました。

 

有難いことに妄想も現実も境目がないのだと

いう言葉が私の封印していたものを

溶かしてくれました。

 

そのことであれこれ

妄想してしまう自分を

許してあげていいんだと思えたり

気付かせてもらえたりして

とても感謝しています。

 

自分の思うことは変だし

おかしいのかもと思い

そうやって妄想することは

いけないことなんだと

今まで自分が

封印してきたんだと思います。

 

だから妄想しても一切外には出さず

そんな自分を責めて認められなくて

自分の考えを話すこともあまりしなくて

周りに合わせようとしてきたのかもしれないなと

納得しました。

 

だから喋ることが苦手だったり

抵抗があったりしたのかもって。

 

まずは自分の内側が喜ぶような

平和でいられるような言葉に変えて

さらに自分の妄想を

楽しんでみようと思います。